見る・遊ぶ

新宿発着の逗子海岸映画祭バスツアー 初の試み、参加者募集

会場となる逗子海岸東浜。4月27日のオープニングに向けて設営を進めている

会場となる逗子海岸東浜。4月27日のオープニングに向けて設営を進めている

  • 7

  •  

 「CINEMA CARAVAN」(逗子市新宿)がゴールデンウイークに行っている「逗子海岸映画祭」のオフィシャルバスツアー(新宿発着便)の参加者を現在、募集している。

 砂浜に設置した300インチの野外スクリーンで映画を上映するほか、飲食ブースも展開する「逗子海岸映画祭」。会場となる逗子海岸東浜では2009年から毎年、行っているが、東京・新宿と同会場をつなぐバスツアー企画は今回が初めて。

[広告]

 同ツアーの企画・運営を手掛ける「WILLER」(大阪市北区)は2017年1月、旅、食、地域をキーワードに新しい価値を生み出そうと「MARUNOUCHI TRAVEL LAB」(千代田区有楽町)を設立。さまざまな分野の専門家がプランニングを行っている。そこで同祭のプロデュースを手掛ける「CINEMA CARAVAN」のクリエーターと出会ったことでバスツアーが実現したという。

 「MARUNOUCHI TRAVEL LAB」のツアー担当者、田辺真歩さんは「逗子は私も大好きな場所。当ツアーをきっかけに映画祭や逗子に足を運んでほしい。映画を見た後の余韻をツアー参加者の皆さんで味わいながら、帰路につける点もツアーの魅力の一つ」と話す。

 同祭発起人メンバーの長島源さんは「2015年ごろからインドネシアのジョグジャカルタとの交流があり、今年はブースを出展する。メンバーオリジナルの映画もこれまでより多く上映する。遠方からも足を運んでもらえたら」と話す。

 バスツアーは5月3日~6日=8時30分新宿発、23時新宿着。参加料金は一人=8,000円(映画祭入場券、オリジナルトートバッグ付き)。申し込みは「逗子海岸映画祭」ホームページで受け付ける。