みん経トピックス

逗子海岸映画祭バスツアー逗子の老舗インテリア店閉店

葉山で25年以上続く「かやの木テラス」でフリマ初開催へ 飲食や金魚すくいも

葉山で25年以上続く「かやの木テラス」でフリマ初開催へ 飲食や金魚すくいも

イベントのチラシを手にする実行委員メンバーら(左から栗崎圭一さん、高野博子さん、Flower Laboの高橋正人さん、さと子さん)

写真を拡大 地図を拡大

 葉山の一色小学校近く、県道27号沿いの「かやの木テラス」(葉山町一色)で入居する店舗が実行委員となり、4月29日にフリーマーケットが初めて行われる。

かやの木テラス。フリーマーケットは奥のデッキで開催

 「かやの木テラス」はロッジ風の建物で、ステーキレストラン、動物病院、ドッグサロン、生花店など6店舗がウッドデッキでつながっている。イベント発起人の「紡氣(つむぎ)」の高野博子さんは「伝統や素材、職人の技にこだわった商品を扱ってきたので、葉山のこの辺りにお住まいの方々のライフスタイルとも合っていると思い、昨年オープンした。閑静な場所だとは思っていたが、少し静かすぎるかなと感じた。隣の店の人にも相談し、イベントを行ってお近くの方に足を運んでもらえればと企画した」と話す。

 フリーマーケットのほか、中華や手作り総菜、タルト、世界のビール、金魚すくいなど近隣店舗の出店と合わせて約15ブースがデッキに並ぶ。

 テラスの一番の老舗は「GLASSES SHOP KURISAKI」で27年目。店長の栗崎圭一さんは「私が店を始めた頃は、ここ一色大滝商店会は20数店舗しかなかったが、今は倍の50店舗以上。最近は若い人も入会してみんなで一緒に盛り上げていきましょうという空気がある。ここもそういう関係性ができて、初めての試みとなった」と開催を歓迎する。

 開催時間は9時~15時。入場無料。雨天・荒天中止。

グローバルフォトニュース