見る・遊ぶ

逗子で健康マージャン・コグニサイズ・合気体操など健康づくり体験会 初心者歓迎

「第1回健康麻雀大会すこやか杯」と体験会を呼び掛ける「ぽんぽん倶楽部」のスタッフ

「第1回健康麻雀大会すこやか杯」と体験会を呼び掛ける「ぽんぽん倶楽部」のスタッフ

  • 91

  •  

 体験会「すこやかいきいきフェスティバル」が逗子文化プラザ交流センターで2月23日に初めて行われる。主催は市民ボランティア団体「すこやかいきいき協議会」。

毎月第2月曜日に福祉会館で行われている「健康美術・書道教室」(提供=すこやかいきいき協議会)

 同団体は「認知症予防運動コグニサイズ教室」や五感に働き掛ける「美術・書道教室」、声を出し歌を楽しむ「うたごえクラブ」や「ギターで歌おう」など健康作り・生きがいづくり・誰にでも居場所のある地域づくりを目的にしたプログラムを毎月定期的に運営している。

[広告]

 代表の服部誠さんは「いつもの会場が福祉会館や横浜の『海の公園』で、参加しにくい人もいると思う。市民交流センターはJR逗子駅からも京急新逗子駅からも近く、参加しやすい場所なので初めての方も気軽に立ち寄っていただき、参加のきっかけになれば」と話す。センターの会議室を全部使い、約15のプログラム体験や展示を行う。就労支援事業所「mai!えるしい」のクッキーやパウンドケーキの販売もある。

 10時~12時の「ウェルカムティーパーティー」(お茶代=200円)は外出のきっかけと友達づくりを目的に毎月第3木曜に開催している「おしゃべりサロン」。今回はゲストにパラ陸上やり投げ日本代表の小曾根亮さんが参加する。

 毎回60人ほどの参加者がいる「健康麻雀(マージャン)ぽんぽん倶楽部」は10時~14時30分まで「体験会」(参加費=100円)と「第1回健康麻雀大会 すこいき杯」(参加費=300円)を行う。担当の長谷川静さんは「日頃はレベル別に楽しんでいるが、今回はレベルに関係なく3回戦行い、順位を決める。初心者は上級者の強さを体験できるいい機会。1位~3位のほかにゾロ目賞やブービー賞など7つの賞があり、レベルにかかわらず楽しめる」と準備に余念がない。「70歳以上の方でまったく経験がなくても半年でマスターしている人が多い。大会参加の希望者も多いので予約してほしい」とも。

 11時30分~12時の「笑顔トレーニング教室」は「神奈川なでしこブランド2020」に認定された顔の筋肉運動が体験できる。13時~14時には認知症当事者を中心とした「認知症フレンドリー楽団 みんなでコンサート」を開催。中庭では11時~12時に視覚障がい者誘導伴走講習会、13時~15時に「ソーシャルフィットネス講習会 筋肉貯金とウォーキング」がある。参加費は各100円。

 体験会の開催時間は10時~15時。いくつでも参加可能。受付で参加チケットを購入する。

※上記イベントは新型コロナウイルス感染拡大の恐れにより高齢者など参加できない人が出てくることなどを鑑み、延期となりました。(2月19日発表)