プレスリリース

移住スカウトサービス「SMOUT」、海外移住希望者向けのサービス開始!人気移住地 エストニア、ベルリン、ポートランド、バリが登場

リリース発行企業:株式会社カヤックLiving

情報提供:

株式会社カヤックLiving(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:松原佳代、以下「カヤックLiving」)は、2019年1月23日より、移住スカウトサービス『SMOUT』(スマウト https://smout.jp )において海外移住を希望する生活者向けのサービスを開始いたします。


海外移住にまつわる情報を掲載し、スカウトをおこなう地域は、タリン(エストニア共和国)、ベルリン(ドイツ連邦共和国)、ポートランド(アメリカ合衆国)、バリ島(インドネシア共和国)の4都市。今後、順次、掲載都市を増やしていく予定です。

https://smout.jp/features/8/plans



■SMOUTについて
「SMOUT」は、地域と地域に行きたい人を繋ぐ移住スカウトサービスです。いま話題の地域や移住促進に積極的な地域が参加し、自分たちの地域が求める人や地域の活動・情報をプロジェクトとして掲載しています。地域の人は相性の良さそうな人材をスカウトをすることができます。地域に関わりたい人、地域の仕事を探している人は、SMOUTにプロフィールを登録をしておくと、マッチする情報やスカウトが届きます。

国土交通省が2018年6月に発表した「平成29年度国土交通白書(概要)」(※1)によると、三大都市圏に住む若者は4人に1人が地方移住に関心があるという結果が明らかになっており、国内における地域への移住関心度は高まっています。SMOUTにおいても、2018年6月4日のサービス開始以降、SMOUT上でのスカウトをきっかけに地域を来訪したり移住したりする人が増加しています。

■SMOUTにおける海外移住希望者向けのサービス展開について
海外在留邦人数調査統計(2017年10月1日集計 ※2)によると、海外に在留する邦人(日本人)の総数は135万1970人で、その前年より1万3494人の増加、統計開始以降最多というデータが出ており、海外で生活する日本人が増えていることがわかります。またリモートワーク、テレワークなど働き方の多様化も見られ、海外ではエストニア発の国を超えたプロジェクトベースの人材募集サイト「jobatical」が話題になるなど、生活者は海外移住へも関心を寄せるようになっています。

そのような背景から、SMOUTにおいて海外への移住情報の掲載を開始いたしました。開始時に掲載するのは4都市。すでに移住をして現地で暮らす生活者が、移住の情報を発信します。日本国内と同様、生活者がスキルやプロフィールを登録しておくと、スカウトが届きます。

■今後の事業展開について
現在掲載する4都市以外についても、海外移住者や海外への移住をサポートする方からの情報を掲載していく予定です。

今後も「好きな場所に 好きな時に 暮らしを移そう」をテーマに、"地域の人”と"関わる地域を探す人"をマッチングする事業を展開してまいります。生活者が日本国内の地域、海外の地域に、暮らしの拠点を移したり、仕事や街づくりで関わりながら多拠点居住を実施するときの、きっかけの創出を目指します。

■SMOUT概要
URL:https://smout.jp
運営:株式会社カヤックLiving
サービス開始:2018年6月4日
参加地域:日本国内 113市区町村、海外 4都市(2019年1月23日現在)

※1 平成29年度国土交通白書(概要) http://www.mlit.go.jp/common/001239760.pdf
※2 海外在留邦人数調査統計 https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000368753.pdf

【カヤックLiving概要】
会社名:株式会社カヤックLiving
所在地:神奈川県鎌倉市御成町11番8号
代表取締役:松原佳代
設立:2017年9月1日
事業内容:Webを活用した住まいと地域に関する面白クリエイティブ事業
サービス:SuMiKa https://sumika.me 、SMOUT https://smout.jp
URL:https://www.kayac-living.com

【このリリースに関する取材などの問い合わせ】
press@kayac-living.com

ピックアップ

ピックアップ