見る・遊ぶ

逗子に音楽ホール 音楽好きの夫婦が地域の文化振興図り開設

防音機能を備えた音楽ホールで練習する「女性合唱ディアーナ」

防音機能を備えた音楽ホールで練習する「女性合唱ディアーナ」

  •  

 JR逗子駅西口近くに4月22日、音楽ホールとミーティングルームを備えた複合文化施設「結・YUIコミュニティホール」(逗子市山の根1-3-13)がオープンした。

会員1号となった女性合唱団の池田淑美さん、内村夫婦

 防音設備を整えた木造平屋建ての音楽ホールは広さ100平方メートル、天井高は3.7メートル。グランドピアノ2台設置。合唱や楽器練習のほか、コンサートや発表会の会場、ピアノの公開レッスン場としてすでに予約があり、活用されている。いす席を使った収容人数は約80人。

[広告]

 ミーティングルームの広さは約20平方メートル。流し台や冷蔵庫を備え、飲食もできる。コンサート開催時などは控室になる。

 同施設オーナーで運営管理もしている内村恒彦さん、和美さん夫婦は、都内の合唱団で知り合い、現在も、恒彦さんは「逗子混成合唱団」に、和美さんは「女性合唱ディアーナ」に所属している。音楽が共通の趣味という二人。

 恒彦さんは定年退職後、受け継いだ土地の活用を考えていた際、和美さんの所属する合唱団や、地域の音楽活動団体が練習場所や発表場所を確保することに苦労している様子を見て、音楽を中心に文化活動を楽しめる場を提供したいと同施設建設に至ったという。すでに現在20団体以上が会員登録している。

 同施設会員で30年以上コーラスを続けているという「女性合唱ディアーナ」代表の池田淑美さんは「最初に構想をお聞きした時には本当にできるのかと思うほどいいお話だった。それが実際に完成して、音響も設備も整ったよいホールで毎週練習できることが夢みたい」と笑顔を見せる。

 恒彦さんは「市への申請や防音設備など完成までには苦労もあったが、プロの音楽家にも音響の良さを褒めていただけてうれしい。地域の仲間と集まれる場所が提供でき、このホールを作らなければ会えなかったような方とも知り合えた」と話す。

 利用は、ホールに出向き、設備などを確認した上で会員登録をした個人・団体に限る。利用時間は10時~21時(曜日により変更あり)。月曜定休(祝日・振替休日は営業)。