食べる

2018年4月開始の「逗子葉山経済新聞」、初の年間PVベスト10発表

年間PV1位となったお好み焼き「おらん場」の店長の佐野希恵さん。本場大阪のお母さん仕込みのお好み焼きをこだわりを持って焼く

年間PV1位となったお好み焼き「おらん場」の店長の佐野希恵さん。本場大阪のお母さん仕込みのお好み焼きをこだわりを持って焼く

  •  
  •  

 今年4月1日にスタートした逗子葉山経済新聞の2018年の年間PV(ページビュー)ランキング1位は、4月15日にオープンした「お好み焼きおらん場開店」の記事だった。

 ランキングは4月1日から12月11日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1. 逗子にお好み焼き店「おらん場」 母親から受け継ぐ本場大阪の味(5/2)

2. オーストラリアで学んだコーヒー文化を逗子に メルボルンで出会った夫婦がカフェ新店(5/8)

3. 逗子に音楽ホール 音楽好きの夫婦が地域の文化振興図り開設(5/23)

4. 逗子海岸、関東一早い海開き 安全安心なファミリービーチ目指して5年目(6/29)

5. 逗子の亀岡八幡宮で「第5回沖縄まつり」、沖縄県大宜味村の村長も応援に(8/15)

6. 葉山の図書館近くに肉カフェ 宮崎の焼き鳥とスペシャルティコーヒー(7/25)

7. 逗子に大型遊具「ジャンプパーク」 海辺に特設、7メートル跳んだ眺望は?(7/30)

8. 逗子のかばん専門店「おしゃれの店つるや」閉店へ 商店街と歩んだ100年(9/25)

9. 逗子の平和デーイベントに向け、原田真二さんコーラスワークショップ(7/11)

10.逗子在住の元タカラジェンヌはんなさんが日本舞踊教室、美しい所作で女子力アップ(5/9)

 ランキング1位となったことについて、「おらん場」店長の佐野希恵さんは「確かにオープン当初、新聞を見たと言って来店されてお客様も多かった。1位はうれしい。お店は初めての経験なので、心が折れそうになることもあったが、今は忘年会の予約も好調」と話す。

 2位のカフェ「BREATHER COFFEE」は地域のイベントに出店をするなどし、3位の「結ホール」も予約が取りづらくなるほどファンを増やしている。5位の「沖縄まつり」は8月16日・17日に、9位の「平和デーイベント」は8月24日に来年の開催が決まっている。

 6位のカフェはすでに閉店し、新しく不動産店になる予定。8位の「おしゃれの店つるや」も医療関連の建物に改築予定で、取り壊しが始まった。

 28位の閉店記事となった、逗子のカーテン&インテリア店「オカザキ」の跡地にはコンビニエンスストアが新築中。

 開店の記事に注目が集まるが、逗子葉山経済新聞では惜しまれつつ閉じていく店の功績や歴史も伝え残していきたい。逗子葉山の大きな魅力となる自然や文化はもちろん、新しい事業の動きなども発信していく。

  • はてなブックマークに追加