食べる

葉山にクラフトビール醸造所 ヨットクラブをイメージしたビアパブも併設

Brewstars Yacht Club Hayama Brewingの社長、菊池文武さん

Brewstars Yacht Club Hayama Brewingの社長、菊池文武さん

  • 146

  •  

 ビアパブを併設したクラフトビール醸造所「Brewstars Yacht Club Hayama Brewing(ブリュースターズ ヨットクラブ 葉山 ブリューイング)」(葉山町堀内)が6月10日、バス停「葉山小学校」前にオープンした。

テイクアウト用のSサイズ3種類飲み比べ

[広告]

 1階の醸造所に併設した販売所「Fire Boat Tap on Deck(ファイヤー ボート タップ オン デッキ)」ではオリジナル4タップ(種類)を含む8タップのクラフトビールの販売を始めた。

 「商社に勤めていた時、ドイツで地ビールのパブが地域の交流の場になっていること実感した」という社長の菊池文武さん。「誰かが作った物を売る商売をしてきたが、自分が物を作る職人になりたいと思い、ビール造りを都内のブリュワリーで学んだ」と話す。

 ヨットクラブをイメージした理由は父の稔さんがヨットマンだから。「一時休部になっていた成城大学のヨット部を大学に交渉して再開させ初代キャプテンになった。それから約50年、ヨットに乗ってきた。葉山の海も当時と変わらない」と笑顔を見せる。同醸造所では取締役として家族と共に仕事をする。

 「父に連れられてヨットに乗り、親しんできた葉山の雰囲気が特徴になるよう店名も1階のデッキもビールの名前もヨットにちなんだものにした」と菊池さん。ビールには「470タックアンドタック」「セーリングスプリット」「スナイプハイクアウト」などと名付けている。価格は、テイクアウト用のMサイズ=570円~、Lサイズ=820円~、量り売り=1グラム1.9円~、テイクアウト用のSサイズ3種類飲み比べ=1,100円。

 準備中の2階はキッチンの設備があり、創業や起業を考える人の利用を希望している。現在、内覧可能。菊池さんは「クラフトビールをきっかけに地域の人が交流し、将来は店名通り、店でヨットを保有し、みんなで海も楽しめたら」と話す。
 営業時間は木曜・金曜=12時~18時、日曜・土曜・祝日=9時~17時。月曜~水曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース