3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

逗子「シネマ・アミーゴ」でドキュメンタリー映画「アフガンに命の水を」上映

映画「アフガンに命の水を」で中村哲医師が語る1シーン(2009 © Peshawar-Kai & Nippon Denpa News Co.,JP  )

映画「アフガンに命の水を」で中村哲医師が語る1シーン(2009 © Peshawar-Kai & Nippon Denpa News Co.,JP )

  •  
  •  

 国際NGO現地代表で医師の中村哲さんの生前の活動を記録したドキュメンタリー作品「アフガンに命の水を ペシャワール会26年目の闘い」が1月11日から、「シネマ・アミーゴ」(逗子市新宿)で上映される。

 アフガニスタンでNGO「ペシャワール会」現地代表を務めていた中村さんは2019年12月、同国北東部で武装勢力の襲撃を受け亡くなった。中村さんは1984(昭和59)年から辺境で難民の医療に当たっていたが、大かんばつをきっかけにアフガニスタンでの自給自足が可能な農村の回復を目指す計画を立案し、実施を担っていた。チラシには「この映画は10年前の作品だが、中村医師の平和に対する実践的な哲学は今なお世界各地の紛争地域にも有効で普遍的なもの。2008(平成20)年に凶弾に倒れたスタッフの伊藤和也さんの活動の様子も映っている」と書かれている。

[広告]

 中村さんの活動に共感し、この映画を以前、観たという人は「中村医師の活動は亡くなってからテレビで特集されているが、この映画が原点。ぜひ足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 席料(1ドリンク付き)は一般=1,800円、高校生=1.000円、中学・小学生=800円、幼児=500円、60歳以上=1,200円(ドリンク無し)。

 上映時間は10時~。1月12日・16日・17日・18日は20時からの回も用意する。1月18日まで。