見る・遊ぶ

葉山を舞台に描いたウェブ連載漫画が書籍に 「夫ですが会社辞めました」

葉山在住の著者、漫画家のとげとげ。さん。シェアオフィスの前で

葉山在住の著者、漫画家のとげとげ。さん。シェアオフィスの前で

  • 172

  •  

 葉山が舞台の漫画「夫ですが会社辞めました」(KADOKAWA)が9月7日、刊行された。

漫画「夫ですが会社辞めました」の表紙も葉山の海が描かれている

[広告]

 2021年9月、ウェブサイト「レタスクラブ」で連載が始まった漫画を収録する同書籍。ページ数は描きおろし作品50ページを含む141ページ。価格は1,320円。連載では、累計1,000万PV(ページビュー)を超える支持を集め、書籍化が決まったという。

 作者は、葉山在住の漫画家、とげとげ。さん。漫画はある日突然、会社に行けなくなり休職した夫と、夫の代わりに働いて家計を支える妻、こども園に通う4歳の息子の家族の日常を描く。ストーリーは、ある日、気分を変えようと家族3人で出かけた葉山に引っ越すことを決心し、生活を変えたところから始まる。

 漫画の背景には、葉山の海岸や公園、バス通り、神社などが具体的に描かれ、梅やメカブなど葉山の食材も登場する。

 家族で8年前、葉山に引っ越してきたというとげとげ。さんは「移り住んで感じた自然の豊かさやそこでの暮らしぶりをリアルに盛り込んでいる。住んでいる町を舞台にしたので臨場感がある」と話す。とげとげ。さんの夫は作中と異なり主夫ではないが、「(主夫だと)よく誤解されてしまう」とも。「元々、移住と夫婦逆転が描きたかったテーマ。コロナ禍で生活スタイルにも変化があった。読者が家族と暮らしていく中で、心地よさとは何かを考えるきっかけにしてもらえれば」と呼びかける。

 刊行を記念して、インスタグラムでとげとげ。さんが葉山の風景を紹介するライブ動画の配信も予定する。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース