プレスリリース

“カカオ×魚”の新マリアージュを提案するレストラン「ROBB」より干物を使った珍しいフィッシュバーガー、8/5に新登場

リリース発行企業:メゾンカカオ株式会社

情報提供:

鎌倉駅前の銀行跡地に構えるカカオ料理レストラン【ROBB】を運営するメゾンカカオ株式会社(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:石原紳伍)は、8月5日(木)より、ランチでも気軽にその魅力を楽しんでいただきたいと、珍しい干物のベニエの「ROBBフィッシュバーガー」を販売開始いたします。




「ROBB フィッシュバーガー」(税込660円、ポテトドリンクセット税込1320円)
焼津のサスエ前田魚店、前田氏が干物の概念を変えるべく、水分量と味わいにこだわり作り上げた独自のイワシの干物。今までにないフィッシュバーガーをと、塩のみで干しあげ、ROBB人気のベニエに仕上げました。外はさっくり、中は干物とは思えないほどほろほろ柔らかな驚きの食感です。
CHOCOLATE BANKにて、火曜日~日曜日の11:30~14:00までの時間限定で販売いたします。

<ROBBとは>
鎌倉駅前の銀行跡地にあるチョコレートショップ「CHOCOLATE BANK」の閉店後、夜だけ姿を現す隠れ家レストラン「ROBB」。コロンビアでカカオの栽培から携わるからこそ知れた、チョコレート以外のカカオの可能性や使い方を探求し表現すべく、カカオを1つの素材として立たせた”カカオ料理”のフルコースをご提供します。(カカオニブ、カカオパウダー、カカオバター、カカオビネガーなどを使用) ブランドの代表でありカカオディレクターの石原紳伍が、カカオ料理にはもっと可能性があるのではないか?と、世界的に合わせられる野菜や肉だけでなく、日本ブランドとして「魚料理」とカカオのマリアージュに挑戦したいと取り組みが始まりました。



<CHOCOLATE BANK とは>
鎌倉駅前の銀行跡地をリノベーションしたチョコレートショップ。MAISON CACAOの姉妹ブランドとして、コロンビア産カカオ100%にこだわり、現地でのカカオ栽培とオリジナルクーベルチュールの製造から取り組んでいます。BANKではそのカカオの可能性を探求し、新しいチョコレート体験を提案すべく、パン・スイーツ・ドリンク・コスメと幅広い品揃えをご用意しています。
ROBBはCHOCOLATE BANKクローズ後に登場する隠れ家レストラン。




<MAISON CACAOおよびCHOCOLATE BANK創設者、カカオディレクター「石原紳伍」>
1984年生まれ。元々はチョコレートを食べられなかった石原が、コロンビアで食べた生のカカオのフレッシュさと、カカオを通して生産者と生活者が繋がり、笑顔が溢れる風景に魅せられたことがきっかけ。「日本でも、チョコレートで日常を豊かにする文化を創りたい」と、2015年前身となるアロマ生チョコレートブランド「ca ca o」を創設。コロンビアでカカオ栽培から携わり、オリジナルのクーベルチュールを開発。自らが体験した素材と掛け合わせ、新しいチョコレート・カカオ体験をご提供しています。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース