プレスリリース

株式投資体験アプリを利用した革新的な社員研修サービスを4月から提供開始!

リリース発行企業:あせまねライフ株式会社

情報提供:

あせまねライフ株式会社は、今年4月から当社が開発した株式投資体験アプリ「賢者のポートフォリオ」を使った社員研修サービスを証券会社等の社員向けに提供する予定です。 「賢者のポートフォリオ」は、スマホやPCでいつでもどこでも、それぞれの履修者のペースと知識レベルに応じて学習できるアプリです。履修者は過去の様々な金融経済市場の環境下における実データに基づいた銘柄選択を、双六様式のゲームで繰り返し体験するうちに、実践的な知識と思考力を修得できます。 当社が提供する社員研修サービスは、様々なニーズに柔軟に対応できる演習プランとともに、履修者向けに演習の説明や進行案内を行う他、当サービスの提供先の研修担当者には、全履修者の各演習の途中経過や最終成績などをデータ化し、一定頻度で提供するため、履修者の研修管理が容易です。また、モバイル、アダプティブ・ラーニング、ゲーミフィケイションといった教育テクノロジーの要素を兼ね備え、コロナ禍のリモート環境でも充実した研修が行えるサービスです。


「賢者のポートフォリオ」アプリを核とした金融リテラシー教育サービスを展開するあせまねライフ株式会社(代表取締役社長:宮井博、本社:神奈川県横浜市)は、同アプリを利用した、従来とは異なるまったく新しい形の社員研修サービスを開始いたします。サービスの対象は主に証券会社。本年4月からの提供を予定しています。





「賢者のポートフォリオ」とは



あせまねライフ株式会社(以下、「当社」)が開発し2020年6月にリリースした株式投資体験アプリで、「期間1~5年の投資成果を瞬時に確認できる」機能を最大の特長としています。


「賢者のポートフォリオ」は以下のようなプレイを行うアプリです。

・バブル景気の最中に始まり、アベノミクス景気の終焉で幕を閉じた平成時代の中から、各回の投資期間がランダムに注出されます。

・アプリに登場する銘柄は800銘柄以上。プレイの都度12銘柄がランダムに登場します。

・画面に表示される対象投資期間の経済状況や主な出来事を踏まえ、各銘柄の簡単な説明、業種、PERや配当利回りなどの12の投資指標の状況などの情報を頼りに5銘柄を選びます。

・当時の現実の株式市場データに基づき計測された投資パフォーマンスをすぐに確認できます。


アプリ全体は当該のパフォーマンスをサイコロの目の代わりとした双六ゲーム仕立てとなっています。

5つの館を舞台にそれぞれ18回のプレイを行い、ゴールド、シルバーなどのメダルを集めて、「見習い修行中」の賢者から「上級賢者」までのステップアップを目指します。

ゲームを楽しむ中で金融経済や株式投資の知識やスキルを自然と身に付けることのできるアプリです。



「賢者のポートフォリオ」のご紹介ビデオ






「賢者のポートフォリオ」のご紹介サイト




https://am-life.co.jp/introduct-kpf/

「賢者のポートフォリオ」は、2020年度、明治大学、日本大学、文教大学の授業で利用されました。

また、年末年始にかけては、他の大学の学生も参加しての「賢者のポートフォリオ スチューデント・コンペ」も開催されました。


「賢者のポートフォリオ」を利用した研修サービス

当社が提案するのは、既存の社員研修とは並行する形で、業務時間外に複数回の演習を実施する期間約3か月の研修プランです。

この研修サービスは、新入社員研修のほかに、入社後数年以内の社員のフォローアップ研修や内定者の入社前研修などにもご利用いただけます。

各回の演習で、履修者は対象となる館のクリア時に獲得した累積ポイントの最高値などを他の履修者と競い合います。

演習の説明や進行は当社が履修者に直接メールで案内し、また各自に途中過程や最終の順位などを通知します。
当サービスの提供先の研修担当者には、全履修者の各演習の途中経過や最終成績などをデータ化し、一定頻度で提供します。

必要に応じ、当該研修の最初に「賢者のポートフォリオ」の概要や操作方法などをWEB会議などの形で案内することも可能です。


3か月の研修期間中には計6回の演習が予定されています。

青、黄、黒、緑および赤の計5つの館のそれぞれでクリア時の累積ポイントを競う演習を行い、研修の仕上げとして「上級賢者」に挑戦します。



何故、今、この研修か?

ETF市場の拡大やロボアド・サービスの台頭などを背景に個別株投資の知識やスキルに乏しい個人投資家が増えつつありますが、個別株投資を行う個人投資家が証券会社にとって重要な顧客であるのは変わりません。

また、個別株の投資に関する知識は、有価証券の売買、媒介、引受・募集などの証券ビジネスに必須の要素であり、証券会社の社員には一定以上の知識水準を持つことが要請されます。

一方で、新型コロナ・ウイルスの蔓延で露見したわが国のデジタル化の遅れは官公庁のみならず学校現場でも深刻ですが、企業の社員研修においても世界的に進化する教育テクノロジー(EdTech)の活用が課題です。

特に最近注目を浴びているアダプティブ・ラーニング(一人一人のペースに合わせた学び)は、従来型の対面集団講義に代わる効果的な社員研修手段としてその活用が期待されます。

「賢者のポートフォリオ」を利用した研修は、業務の時間外や隙間時間にモバイル端末を利用して継続的に知識を高めることができ、各自に異なるペース配分を許容しつつ、習熟度を競い合うインセンティブを持たせる仕組みとなっています。

モバイル、アダプティブ・ラーニング、ゲーミフィケイションといった教育テクノロジーの要素を兼ね備えた研修サービスです。



あせまねライフ株式会社


当社は、代表取締役社長の宮井博と代表取締役の小原沢則之により2018年3月に創業されました。

2人は共に証券・資産運用業界で長く働き、機関投資家向けに専門的な資産運用分野の研究やアドバイスを行ったり、マネジメントに携わったりしてきました。

大学や大学院での投資教育の経験を持つのも2人に共通した経歴です。

横浜市で創業した縁もあり、「かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2020」に応募したところ、「ベストアイデア賞」を受賞させていただきました。

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/0604/seniorgrandprix/about.html

当社は、引き続き「賢者のポートフォリオ」を核とした金融リテラシー教育サービスの展開を図ってまいります。


【会社概要】
社名:あせまねライフ株式会社
(英語社名: Asset Management Life, Inc.)

住所:〒221-0811
神奈川県横浜市神奈川区斎藤分町4番15号
URL:https://am-life.co.jp/

事業内容:
インターネット等の通信ネットワーク及び電子技術を利用した金融情報・投資教育関連情報及びその提供ツールの企画、設計、開発、運用及び提供
第1号に関連する会員制コミュニティの企画、構築及び運営
金融・投資に関する調査・研究・コンサルティング、金融機関との提携事業、セミナー・研修等のイベント、情報発信などの実施
前各号に関連するコンピュータシステム及びソフトウェアの企画、開発及び提供
前各号に附帯または関連する一切の業務

設立:2018年3月8日
資本金:606万円
代表者:
代表取締役社長 宮井博
代表取締役   小原沢則之



【お問い合わせ先】
あせまねライフ株式会社
担当:宮井 博
E-mail:info@am-life.co.jp

  • はてなブックマークに追加