プレスリリース

Discover Deep Japanがイノベーションアワードを受賞

リリース発行企業:株式会社 Discover Deep Japan

情報提供:

今月初め、DDJはImpacTech DemoDayが提供するSocialChange Makers#3 2020で「教育、マイノリティ、エンパワーメント」カテゴリのイノベーションアワードを受賞しました。



DDJはImpacTechのSocialChange Makers#3に参加している他の11のソーシャルスタートアップとともに、日本財団のStartlineイベントで発表しました。このイベントは10月7日に開催され、YouTubeで生放送されました。 ImpacTechの共同創設者であるKineretKarinがイベントを主催し、司会を務め、他の11の革新的なスタートアップ団体が事業計画を提案し、セクターに応じて3つのグループに分けられました。その中で DDJは、「教育、マイノリティ、エンパワーメント」部門で見事イノベーションアワードを受賞しました。


DDJの代表としてTarh Joshua Abongheが壇上に上がり、日本での労働環境をめぐる彼の経験や困難を発表しました。

「私は私の教育とスキルのおかげで日本に来ることができ、日本では就職のチャンスはたくさんあると思っていましたが、それは間違っていました。私にあった選択肢は、工場と建設の仕事だけで、そこでは厳しい差別に直面しました。」


彼は、DDJが日本の過疎化危機に取り組むために行っている取り組みと、これが日本のマイノリティグループに関する一般的な物語を変えるのにどのように役立っているかを紹介しました。


「私たちは地方の経済を活性化するために必要な言語力とスキルがあり、知られざる観光名所や地元の製品を発掘し海外へ紹介することによって、私たちのコミュニティに貢献しています。過疎コミュニティを活性化するための未開拓の才能の可能性を最大限に引き出すための私たちのビジネスモデルは、本当に革新的です。」






ジョシュアのプレゼンテーションは、DDJの日本社会の将来に対するビジョンを共有し、力強く高揚したメッセージで終わりました。

「私は、多様な背景をもつ人々を不利益ではなく強さとして見られるインクルーシブな日本を信じています。“私たち”の日本をつくりあげるために、皆さんにもこの旅に参加してほしいと思います。」



株式会社 Discover Deep Japan について


2019 年に設立。難民・移民が人口減少に悩む地方に移住し、行政・地域住民と連携してデジタルマーケティングで海外市場を開拓につなげ、インバウンド観光や海外へのEコマースサービスなどを通して地方を活性化します。

ミッション: どんな境遇に生まれても、全ての人が「違い」に誇りを持てて、それを活かせる社会
会社名  : 株式会社Discover Deep Japan
所在地  : 新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽111番地3
設立   : 2019年9
代表取締役: 尹 世羅
コーポレートサイト: https://discover-deep.com



事業内容:


エシカルビューティーブランド Takumi Beauty (https://takumibeauty.com) の運営
多言語SNS運用・記事制作
動画制作
広告運用
翻訳サービス
多言語ホームページ制作
インフルエンサーマーケティング
体験ツアーの企画・立案・運営
コンサルティング
セミナー運営
越境EC立ち上げ・運営サポート、等

  • はてなブックマークに追加