プレスリリース

【創業45周年企画】ステーキハウス ブロンコビリーが創業から大切にする想いを表現したショートムービー『ごちそうの日』を公開

リリース発行企業:株式会社ブロンコビリー

情報提供:

ステーキハウス ブロンコビリーを全136店舗展開する株式会社ブロンコビリー(本社:愛知県名古屋市 代表取締役社長:竹市 克弘)は、「食を通して多くのひとを幸せにしたい」という想いを表現したショートムービー『ごちそうの日』を、11月30日(木)に公開いたしました。 『ごちそうの日』公開ページ:https://www.bronco.co.jp/news/2023/11/30/broncobilly_brandedfilm/



YouTube URL:https://youtu.be/bRkcvsjO3Kw

当社は今年 創業45周年を迎えました。1978年の創業から変わらず、「多くのひとに 幸せになってほしい」という想いで、外食ならではの楽しさとおいしさを追求しながら、現在では「ステーキハウス ブロンコビリー」を136店舗、新業態「とんかつ かつひろ」を2店舗、さらに たれやドレッシング等の調味料や惣菜を製造する「株式会社松屋栄食品本舗」を仲間に迎え、食の進化に挑戦し続けています。
45年間の歴史の中では、幾度となく訪れる経営のピンチに向き合い、それを乗り越えて参りました。しかし近年、世の中の変化が急加速し、私たちを取り巻く環境が大幅に変化しています。そこで改めて、当社の目指す姿であるビジョンを再確認し、当社が目指す“お客様にとっての存在意義”を、一組の家族の物語を通じてムービーで表現しました。
伝えたい想い “ごちそう”を通して、お客様に寄り添っていきたい


お客様はどんな時に、どんな期待でブロンコビリーに来店いただいているだろう。実際にお客様からいただいたお声や、ご来店の様子からイメージし、“ごちそう”を囲み人生を紡ぐある家族の人生史を描きました。
楽しいとき、嬉しいとき、悲しいとき、愛おしいとき。特別な日だけではなく、人生におけるさまざまな瞬間に、私たちはお客様に寄り添える存在になっていきたい。そして私たちが届ける“ごちそう”が、人とのつながりや活力となり、新たな幸せのはじまりとなっていってほしい。「ブロンコビリーでの時間が、“かけがえのない幸せ”に繋がりますように。」そんな想いを込めました。
ムービーカット








スタッフクレジット


クリエイティブディレクター:是永聡
クリエイティブディレクター+アートディレクター:丹野英之
プランナー:大滝洋平
プランナー+コピーライター:森岡賢司
プロジェクトマネージャー:高橋慶、中島光葉
プロデューサー:宮岡俊輔、中澤健
プロダクションマネージャー: 大野裕之
監督:児山 隆

企画制作:POOL inc.(https://pool-inc.net
     PYRAMID FILM INC. (https://www.pyramidfilm.co.jp

ブロンコビリーについて



1978年 名古屋市北区で誕生、45周年を迎えたステーキ&ハンバーグレストランです。東海地区を拠点に関東・関西・九州地区で136店舗(2023年11月30日時点)を展開し、炭で豪快に焼き上げるアツアツでジューシーなステーキ&ハンバーグや、大かまどで炊いた魚沼産コシヒカリ、ジュニア野菜ソムリエが考える季節限定サラダバーなど、食にこだわった美味しさが多くのお客さまから支持を集めています。
URL: http://www.bronco.co.jp/

※関連ブランド
とんかつ かつひろ:https://tonkatsu-obanzai-katsuhiro.jp/
株式会社松屋栄食品本舗:https://www.matsuyasakae.jp/

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース